表情じわのように、普段のクセによってつきやすいおでこのしわは、顔の目立つ場所にあるのでとても目立ちますし、見た目年齢がアップしてしまう原因となります。シワができる原因には、加齢意外にも乾燥や表情などのクセがあげられますが、おでこのシワができる場合には、くっきりと深いしわの場合には表情やクセが原因となってしまうことが多く、ふとした時に現れる細かいシワやちりめんジワなどは、年齢や肌の乾燥が原因になることが多いようです。

 

おでこにしわができてしまったら、いくつかの方法で対策をとりましょう。まず、肌が乾燥しているとシワができやすくなってしまうので、化粧水を使って徹底した保湿対策が飛鳥となります。おでこは乾燥しているという意識が少ない場所ですが、肌全体が乾燥しやすい人だとおでこも乾燥していることが多いもの。効率的に保湿を行うためには、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿効果が高い成分が配合された化粧水を使うのがオススメです。

 

紫外線対策も必要です。おでこは紫外線の影響を受けやすい部位なので、知らない間に肌はダメージを受けていることが多いものです。外出の際には紫外線予防のための日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子をかぶっておでこに直接紫外線が当たらない工夫をすると良いでしょう。

 

頭皮マッサージもおでこのシワ取りやしわ伸ばし効果が期待できます。顔と頭の皮膚は1枚皮と言われていて、頭皮の皮膚が年齢によってたるんでしまうと、その皮膚が重力に従って少しずつ下がり気味となり、おでこの部分に皮膚が溜まってしまうことによってシワが作られてしまいます。

 

普段のクセを治すことも必要ですね。おでこにしわができやすい癖というのはいくつかあり、例えば眉をあげる表情だったり、眉間にしわを寄せるなどの表情があります。ごくたまにこうした表情をするだけなら、しわができてしまう心配はありませんが、日常的にそうした表情をよくしている人だと、表情じわがくっきりと跡として残ってしまうリスクが高くなってしまうので気を付けましょう。

 

アマゾンで人気のほうれい線対策コスメを見る!

 

ほうれい線&しわ対策商品 当サイト人気ランキングを見る!