シワというと、ホウレイ線や目尻の小ジワなどを連想しますが、実は目の下のシワも、できてしまうと顔の印象がずいぶんと変わってしまうイヤなシワです。目の周りは特に皮膚が薄い場所なので、ちょっとした肌の乾燥などでもシワになりやすいですし、目の下がダラリとだらしなくたるんでしまうと、見た目年齢もぐんと高くなってしまいそうですよね。

 

目の下にできるちりめんジワのような細かい小ジワは、肌の乾燥が原因でできている事が多いもの。そのため、普段のスキンケアではたっぷりと保湿ケアを行い、アイクリームによって目の下の肌細胞の一つ一つを膨らませてハリを持たせてあげると良いでしょう。アイクリームの多くは、肌細胞の一つ一つに弾力やハリを与えるとともに、水分を中に閉じ込めて水を入れて膨らませて風船のように、肌細胞の大きさ自体をアップできるレチノールなどの成分が配合されている事もたくさんあります。ちりめんジワが気になる場合には、毎晩のスキンケアでは必ずアイクリームを使って、肌の下のシワシワをケアしてあげてくださいね。

 

目の下がブルドッグのようにたるんでいる場合には、眼輪筋という目の下の筋肉を鍛えることが必要になります。目の下にももちろん筋肉はありますが、あまり使わない部分の筋肉なので、意識して鍛えた事がない人も多いと思います。眼輪筋を鍛える具体的な方法をご紹介しましょう。

 

まず人差し指と中指で、目頭と目尻を押さえます。この時、目は全開にして、顔は動かさずに目だけうえを見ながら、眩しそうな表情で下まぶたを半分ぐらい閉じるような感じで縮めてみてください。下まぶたがピクピクと震えてくると思います。このピクピクしているのが眼輪筋です。下まぶたをピクピクさせた状態で30秒放置したら、指を離して目を自然な状態に戻します。これを朝2回、夜2回行うだけで、眼輪筋を鍛えることができるので、目の下のたるみも少しずつ解消されていくようです。

 

アマゾンで人気のほうれい線対策コスメを見る!

 

ほうれい線&しわ対策商品 当サイト人気ランキングを見る!