表情筋が衰えると、顔の肌をささえる土台が弱くなってしまうために肌もたるんでしまいます。若い頃にはピンと肌だった人でも、表情筋が衰える事によって肌がたるんでしまうと、いっきに老けた感じの顔に変わってしまいます。表情筋が鍛えられているかどうかによって、見た目年齢も大きく異なるのです。

 

いつまでも若々しく見せたい人や、肌のたるみによるシワを作りたくない人にとっては、普段の生活の中で効果的に表情筋を鍛えてあげる努力が必要です。表情筋を鍛えるトレーニングにはいろいろな種類がありますが、どのトレーニングを行なう場合にも、一回のトレーニングにかける時間は短めに抑えて、毎日欠かさずに継続する事が大切です。どんなに効果的なトレーニングでも、三日坊主では効果を実感する事はできませんよね。

 

表情筋の鍛え方の中でも、特に簡単にできる方法をご紹介しましょう。余りにも簡単すぎるので、トイレに入っている時にさっと実践するのも良いですし、お風呂の中で実践しても良い方法ですよ。

 

まず最初に、顔を上下方向に長く伸ばすような感じで顔を伸ばしてみてください。上と下から引っ張られているような感じでグーンと長くしましょう。その次に、上と下から顔を押しつぶされているような感じで、顔を小さくコンパクトに縮めてみてください。そしたら今度は、上下方向ではなく、左右から引っ張られているような感じで横に広く顔を伸ばし、次に左右から顔を押しつぶされているように細くコンパクトに縮めてみましょう。

 

上下方向へのストレッチと左右方向へのストレッチで1セットにします。1回あたり3セットぐらいを目標にしながら、1日に何回かトレーニングして見ましょう。表情筋トレーニングをする場合には、顔の筋肉に負荷がかかっている事を意識しながらゆっくりと行なうのがポイントです。何回か行なっているうちに顔が痛くなってくると思いますが、それは表情筋が鍛えられている証拠なので問題ありません。

 

人気の表情筋エクササイズグッズはこちら