顔の皮膚の下にある表情筋は、自分ではほとんど意識する事がありませんが、筋肉です。筋肉は体のほかの部分と同じで、加齢によって少しずつ弱くなってしまいます。顔がなんとなくたるんだような感じになってしまったり、ホウレイ線などくっきりとしたシワが出てしまうのは、この表情筋の低下による部分が大きいと言われています。

 

筋肉を鍛えるというと、マッチョなボディをイメージする人もいますが、顔の表情筋は、もちろんそんなにマッチョにする必要はありません。毎日使っている筋肉でも、どうしても加齢によって弱くなってしまうため、意識して鍛えてあげる事によって、筋肉の低下を予防する事ができます。表情筋トレーニングは、肌のたるみや老け顔を改善する事ができるアンチエイジング策のひとつなのです。

 

表情筋は、顔全体をカバーしている筋肉というだけではなく、後頭部あたりまで全て表情筋で覆われています。表情筋は一つの筋肉で成り立っているわけではありません。大小さまざまな30種類以上の筋肉が集合して、表情筋と言われています。表情筋の中でも、顔の表情をつかさどっている筋肉には、眼輪筋や頬筋、口輪筋、笑筋、鼻根筋などがあります。

 

表情筋のトレーニングは、特定の筋肉のみを鍛えようと思ってもなかなか難しいですし、特定の筋肉だけを鍛えても他の部分が鍛えられていないとバランスが取れません。そのため、表情筋トレーニングでは、表情筋全体を鍛える事ができるようなトレーニングがおススメです。

 

例えば、表情筋トレーニングの中でも最も簡単にできるものが、「あいうえお」をゆっくりと、顔の筋肉全てを使いながら発声するトレーニング方法です。「あいうえお」「あえいおう」など、発声の順番は何でも良いのですが、ゆっくりと、顔の筋肉を全て使いながら発声するのがポイントですね。何回かトライしていると顔が痛くなってきますが、この痛みが表情筋を鍛えている証拠でもあるので、痛みを楽しみながらエクササイズしてくださいね。

 

人気の表情筋エクササイズグッズはこちら