シワに効果がある化粧品を選ぶ時には、自分のシワがどんなタイプのシワなのかをまず最初に把握する事が大切です。例えば、ホウレイ線やマリオネットラインのように顔の下半分にあってたるんでいるような感じの大きなくっきりとしたシワは、肌細胞の老化というよりは、加齢による表情筋の低下が原因で起きている事が多いものです。肌細胞の一つ一つをプリプリで弾力アップしても、肌をささえている表情筋がたるんでいたのでは、そうした大きなシワを改善する事ができません。シワとり化粧品を使いながら、顔面エクササイズなどを行なって表情筋を鍛える対策も必要です。

 

シワに効く化粧品は、一般的にアンチエイジングのための化粧品が多いですよね。しかし、アンチエイジングと言ってもシワだけでなく肌のたるみやシミ、肌のトーンやクスミなど、いろいろな肌トラブルがあります。シワに効果的な化粧品を見つけるためには、中に配合されている成分も一つ一つチェックして、シワに効果的な成分がたっぷりと配合されているものを選ぶ事が必要です。

 

シワに効く美容成分には、
・ビタミンC
・コラーゲン
・エラスチン
・ペプチド
・EGF
などがあります。レチノールなども乾燥してシワシワの細胞をフックラとサイズアップしてくれる効果がある成分なのでシワ改善効果が期待できますが、レチノールは副作用が強い成分でもあるので、アイクリームなど集中ケアしたい場所のみに使用するのが良いと言われています。目尻のシワなど、部分的にくっきりとした表情ジワが出ている部分には、レチノールを使って集中ケアをするのがおススメです。

 

乾燥が原因の小ジワには、ヒアルロン酸やイソフラボンなど保湿ケアができる美肌成分もおススメです。アンチエイジングの基本はやはり「保湿」。加齢で肌のターンオーバーが遅くなると、肌はますます乾燥してしまいますから、とにかく保湿ケアを心がけることが、乾燥ジワを減らすことにもつながります。

 

アマゾンで人気のほうれい線対策コスメを見る!

 

ほうれい線&しわ対策商品 当サイト人気ランキングを見る!