シワ取りクリームは、いろいろなブランドからたくさんの商品がラインナップされていて、それぞれ使用されている有効成分が異なっていたり、製造された地域や国が異なっています。自分の肌と相性がよいシワ取りクリームなら、特に製造国にこだわる必要はありませんが、もともと肌が敏感な人やトラブルを起こしている肌の人にとっては、海外製のものよりも日本製のものの方が安心です。

 

海外製と日本製のものとでは、何がどんな風に違うのでしょうか?まず、国ごとに許可されている成分や濃度が異なっていて、日本だと認可されていない成分でも海外製のシワ取りクリームには入っているということがあります。日本国内で認可されていない理由は様々ですが、安全性がはっきりと確認できていないとか、成分が不安定で肌トラブルを起こしやすいなどの理由が多いようです。また、配合されている濃度も異なります。日本製のものは、肌にトラブルを起こさないよう安全面を第一に考えた配合率となっていることが多いのですが、海外製のものはとにかく有効成分の効果を短期間で実感できるようにと高濃度になっていることが多いものです。濃度が高くなれば、どんな有効成分でも肌にとっては刺激になりやすいため、敏感肌の人は気を付けたほうが良いでしょう。

 

また、日本製と海外製とでは、品質管理の管理体制が異なります。日本製のものは、製造過程で不純物や化学成分などが入らないように徹底した品質管理が行われている商品が多いのですが、海外製の場合には人件費削減や設備投資費の削減という目的によって、品質管理が十分に行われていない場合が少なくありません。しっかり管理されていない環境で製造されたシワ取りクリームを使うと、不純物が混じっていることで肌トラブルを起こしやすくなったりするようです。

 

海外製のシワ取りクリームでも気に入ったものがあれば使ってみると良いでしょう。しかし、肌がもともと弱い人やトラブルを起こしやすい肌質の人は、万が一のトラブルを避けるために日本製のシワ取りクリームを選んだほうが安心かもしれませんね。

 

驚異のモニター支持率のシワ用クリームを見る