布のちりめんって、細かいシワシワがたくさんありますよね。ちりめんじわとは、肌の表面にできるシワシワの事。シワと呼ぶには浅すぎて面積が広すぎる、という場合が多いようです。ちりめんじわはシワの中では初期段階で、肌の表面だけにできているシワなので、早期に対策をすればスピーディにちりめんじわを解消する事ができます。

 

ちりめんじわの原因は、肌の乾燥。加齢などが原因でできるシワではないため、年齢に関係なく肌が乾燥しやすい人には現れます。乾燥肌の人が温度の高いお湯で洗顔し、洗顔後にスキンケアをしないでそのまま放置しておくと、肌全体にちりめんじわが現れますが、コレも肌の乾燥が原因ですよね。肌が乾燥しないように気をつけながら、保湿に重点を置いたスキンケアを行なう事によって、ちりめんじわは早期に解消することができますし、ちりめんじわを予防する事にもつながります。

 

紫外線が原因でちりめんじわ画で着てしまうこともあります。紫外線を浴びると、肌は水分を奪われてしまうので乾燥してしまいます。紫外線は肌の表面だけではなく内側にも届いてしまうため、肌の内側に存在しているコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分までも破壊されてしまいます。乾燥が原因のちりめんじわなら、肌の表面だけが乾燥しているのでスキンケアでスピーディにケアする事ができますが、紫外線が原因の場合には肌の真皮層から肌の弾力性がなくなってしまっている状態なので、スキンケアで回復するためにも時間がかかってしまいます。

 

ちりめんじわはシワの初期段階なので、保湿ケアをしていれば健康な肌を取り戻す事ができます。しかし、保湿ケアをせずに紫外線を浴び続けたり、肌を更に乾燥させてしまったり、また、何もせずに放置すると、ちりめんじわの浅いシワがどんどん深いシワになってしまい、目立つシワになってしまうので気をつけなければいけません。特に、ちりめんじわができやすい目元の皮膚は薄くてデリケートなので、ちりめんじわも悪化しやすい部分。普段のスキンケアで早期にケアをして、ひどくならないうちに解消するようにしましょう。

 

アマゾンで人気のほうれい線対策コスメを見る!

 

ほうれい線&しわ対策商品 当サイト人気ランキングを見る!