肌のたるみやシワに効果的だといわれているサーマクールは、美容系クリニックで受ける事ができるアンチエイジング術の一つです。サーマクールは、肌の内側にある真皮層に熱を伴う高周波を加える事によってコラーゲンの生成を促したり、たるんでいる肌を引き締める効果があります。魚や肉を焼いた時の事を考えてみてください。生の魚や生の肉は、だらしなくダラリとたるんでいる事も多いものですが、熱を加えて焼くと、身が引き締まってプリッとしますよね?これを、熱収縮効果と呼んでいます。サーマクールが行なう施術は、この熱収縮効果と同じ原理を用いた施術。肌を焼いてしまうわけではありませんが、肌の内側の真皮層に熱を加える事によって、肌をキュッと引き締めてリフトアップする事ができるのです。

 

サーマクールは高周波と熱によって痛みを伴う施術です。そのため、サーマクールを受ける時には前もって麻酔を行なうのが一般的です。麻酔と言っても注射の麻酔を行なうわけではなく、クリームタイプの皮膚麻酔を行なうので、麻酔をする時に痛みを感じる事はありません。サーマクールを行なう部分の大きさなどによっては、クリームではなくテープタイプの麻酔で対応する事も在るようですが、どちらの場合でも皮膚の内側に麻酔が浸透するまではサーマクールを行なわずに待ち時間として待つ事になります。

 

サーマクールは、シワが気になる部分へスポット的に照射する事が多いようです。眉間のシワ、目尻のシワ、ホウレイ線など、気になるシワがある場合にはその場所のみを施術しても良いですし、顔全体をリフトアップさせたい場合には、もっと広い範囲で施術を行なう事もあるようです。ただし、麻酔をしたから施術中は無痛かというと、そういうわけでもありません。麻酔をすることによって、我慢できない痛みから、なんとか我慢できる痛みになるだけなので、やハリ施術中に痛みは伴います。そのためでしょうか、あまり広い範囲でサーマクールをしたいという人は少ないようですね。

 

最新美容医療で人気の美容外科はこちら