最近アメリカンのハリウッドスター達の中で密かに流行っているシワとり法の一つに、ちょっと変わった方法があります。それが、痔の薬を使ったシワとり。痔の薬は、日本でもドラッグストアで気軽に販売されているので、特別に入手しにくいような薬でもありませんよね。

 

痔の薬の中には、ステロイドという強力な成分が配合されています。ステロイドは肌の炎症をスピーディに抑えてくれる働きをしていますが、その他に毛細血管を一時的に縮小させる働きもあります。そのため、ステロイドをつけた肌は、肌の炎症などが収まるだけでなく白く透き通るような感じに見えるという効果も実感する事ができます。実際に、パリコレに登場するモデルなどは、本番前に痔の薬を肌に塗って美白ケアをする、なんていう話もあるようです。

 

痔のクリームが持っている肌の美白効果はステロイド成分によって確立されている効果ですが、肌のシワとり効果については、ステロイドには肌細胞に弾力を持たせたりハリを持たせる効果があるわけではないので、シワが浅くなったりなくなったりするわけではありません。おそらく、痔の薬のステロイド成分のおかげで肌が漂白されて、シワが目立たなくなったような錯覚に陥るのかもしれません。

 

ステロイドは一時的に使用するなら驚くべき効果を発揮してくれる成分ですが、長期間使い続けるのは避けなければいけない強力な成分。ステロイドが入っている痔の薬を美白クリームや美肌クリームとして使い続けると、肌が赤くただれたような感じになってしまったり、中には肌が色素沈着でどす黒くなってしまうこともあるようです。一度そういった副作用が表われると、肌が元の状態に自然治癒するには1年以上の長い年月がかかってしまいます。ですから、ステロイド成分は必要な時に最低の量しか使わないようにする事が大切です。

 

痔の薬は痔のために使い、絶対に顔に塗ってはいけません。肌が敏感な人や成長盛りの若い年齢などでは、副作用が出るまでのスピードも早いかもしれないので、くれぐれも肌トラブルを自分で引き起こす事がないように気をつけてくださいね。

 

アマゾンで人気のほうれい線対策コスメを見る!

 

ほうれい線&しわ対策商品 当サイト人気ランキングを見る!